· 

歯科開業で失敗する人の特徴、人気の歯医者にするには


歯科開業で失敗する人の特徴、人気の歯医者にするには

本格的な人口減社会の到来を迎え、民間企業だけでなく医療機関の経営についてもさまざまな戦略が必要となっています。

見込みの甘さが失敗を招く

医療の仕事は景気動向に左右されにくい安定度の高い業種だとされていますが、だからといってすべての医療機関の経営がうまく行っているというわけではありません。中でも歯科医院は、一説には「コンビニエンスストアより数が多い」と言われるほど供給過多の傾向になっており、経営に失敗して廃業する件数も少なくありません。

 

歯科医院の経営に失敗する理由はさまざまですが、おおむね共通する特徴は開業前の見込みの甘さです。その1つは開業場所の選定で、該当地域の人口や年齢別の構成、昼夜間の比率などを事前にリサーチして商圏を把握するという作業を怠ると、開業には不適切な場所を選んでしまい安定的な経営に必要な患者数を確保できないという事態におちいりがちです。

 

もう1つは、資金計画の甘さです。歯科医院の開業には医療機器の購入費や内装代など、多額の費用が必要となります。これらを賄うために高利の融資を安易に利用してしまうと、収入そのものは安定的に入ってくるのに利払いの負担が大きくて経営が苦しくなってしまうおそれがあります。

 

患者を増やすための工夫とは?

では、人気を高め、経営を成功されるにはどうすればいいかというと、まず大事なのは差別化を図るということです。クリニック間の患者獲得競争が激しくなりつつある現在、他院にはない特色を持つことは大きな武器となります。これは、開業場所の地域特性とも大きく関わってきます。たとえば人口移動の少ない地域であれば予防医療に力を入れることでリピーターを増やすことを目指し、ファッションに敏感な若年層や富裕層が多く住む地域では審美医療に特化するといった具合です。

 

また、これは歯科医院に限りませんが、従業員教育の行き届いたクリニックは自然と人気が高まる傾向にあります。医療機関も広い意味でのサービス業に含まれる以上、歯科医本人を含めたスタッフの言葉遣い・表情・挙措動作などは患者の心証を大きく左右します。小児をメインの患者層とする場合は、特にその傾向が顕著です。定期的な研修の実施や、時には外部講師を迎えた接客マナー指導などを通じて、訪れる人に快適さと安心感を与えるような雰囲気づくりに努めることはとても重要です。

まとめ

経営を成功させるには、情勢の正確な把握と的確な分析が重要です。

これを実現するには、経営コンサルタントの活用も有効な選択肢となります。

 

医院開業コンサルティング、経営コンサルティングにご興味をお持ちの方は、是非当社の無料相談をご利用ください。