· 

開業医として独立する最適なタイミングとは


開業医として独立する最適なタイミングとは

開業医として自分の医院を開きたいと考えている場合、準備がとても重要なので事前に独立のタイミングを見極めておくことが大事です。

開業医になる最適なタイミングや必要なこと

開業医として独立するのに最適なタイミングは40代前半にさしかかった時期です。この頃に自分の医院を持つためには、マネジメントに関することをしっかりと理解しておくことが必要です。

 

勤務医の場合は属している医院によって定められている就業規則を厳守し、用意されている仕事をしていくことで評価されていきます。そのためマネジメントに関する知識を持っていなくても仕事をすることができますが、独立する場合は融資交渉・資金計画の作成・税金対策・従業員の確保や育成などということも必要となってきます。

 

医師として技術を身につけつつ経営にまで手を出すということは非常に大きな労力が必要です。軌道に乗った経営をするためには時間がかかることも多いため、貯金と生活に余裕が出たときには既に最適なタイミングを逃している場合もあります。

 

このようなことを全体的に考慮すると、開業医を目指すには医師の技術とマネジメントの知識を得たタイミングがベストです。そうなると早くて30代の前半から一般的には40代の前半になるでしょう。この年代は医師として重宝される頃とも言えます。

高齢で独立する問題点

50代や60代といった高齢で開業したいと考えている人もいるかもしれませんが、その場合は40代で開業するときと比べてリスクが大きくなってしまうので注意が必要です。

開業医になるためには医師としての技術や知識、経験などに長けているというだけでなく、様々なマネジメント能力を身につけておく必要があります。そのため独立するにはできるだけ早くから経営者の知識などを習得してやり方を明確にしておくことや成功までのビジョンを確立しておくことが重要です。

 

勤務医として長期にわたって働いていたという経験も非常に大切ですが、そこから突然経営者となって自分の医院を開くとなると若いころから実権を握ってきた人たちと比較して経験値がとても低い状態からのスタートとなってしまいます。60代となると体力が衰えてきてしまい、それに加えて気力が低下してしまうケースも増えてきます。

 

50代の場合は体力や気力に自信があるという人の場合は努力次第で成功することもありますが、それに至るまでには大きな労力や時間がかかるので注意が必要です。

まとめ

独立を検討している場合は、体力や気力があって医師としての需要がピークとなっている40代前半頃がおすすめです。

 

医院開業コンサルティング、経営コンサルティングにご興味をお持ちの方は、是非当社の無料相談をご利用ください。