· 

開業医で跡取りや跡継ぎがいない場合でも閉院させない方法


開業医で跡取りや跡継ぎがいない場合でも閉院させない方法

開業医で跡取りや跡継ぎがいない場合でも、閉院させない方法があります。その方法についての理解を深めていきましょう。

親族が跡を継ぐのが一般的

開業医の跡取りや跡継ぎと言えば、子供などの親族が一般的です。医者の子供は将来跡を継ぐことを考えて医学部に行く場合が多いですし、医学部がある大学に行くために大学附属の幼稚園や小学校、中学校や高校へ通うケースも多いです。一家全員で医師免許を持っているケースも少なくありません。

 

しかし、晩婚化や少子高齢化、人口減少などの社会背景により開業医の跡継ぎや跡取りがおらず閉院せざるを得ない状況に追い込まれることも多くなりました。通院していたクリニックがある日突然閉院になってしまった経験があるという方も多いのではないでしょうか。子供がいても医学部へ行くことが出来ない場合もありますし、医学部に行って医師免許を取得したとしても診療科目が違っていたりなどのミスマッチが生じることもあります。

 

子供から医者ではない職業に就きたいという意向を示されることもあり得ます。せっかく地域に根付いて経験や実績や信頼を築き上げてきたのに閉めてしまうのはとても勿体ないことです。

そこで選択肢として考えられるのが、第三者に事業を継承するという方法です。

親族ではない第三者に事業を継承する

子供など親族ではない第三者に事業を継承する開業医が現在多く存在します。親族以外で跡継ぎを探すとなると、現在そのクリニックで一緒に働いている勤務医が有力な候補となります。クリニックのことをよく知っている信頼出来る従業員に事業を継承する場合も多いです。

 

しかし、親族以外に任せるのは難しい問題ですし、後々何らかのトラブルに見舞われるリスクもあります。そこで最終手段として考えられるのが、M&Aという選択肢です。

 

M&Aでクリニックの継続させることのメリットとしては、プロにお任せすることで後継者問題をスッキリと解消させることが出来、閉院のコストがかからずクリニックの譲渡益や営業権も得られ、資金繰りや労務の問題を抱えることなくクリニックの診療に集中することが出来ます。また、地域に根付いた医療や地元の患者さんとの信頼関係を失わずに済むなどがあります。

 

その場合、事業を継承する側とのマッチングがうまくいかなかったり、希望通りのタイミングで継承することが出来なかったりなどのデメリットがあるということもきちんと理解しておきましょう。

まとめ

せっかく開業したクリニックを閉院するのは勿体ないです。跡取りがいない場合は、M&Aという選択肢があるということを知っておきましょう。

 

医院開業コンサルティング、経営コンサルティングにご興味をお持ちの方は、是非当社の無料相談をご利用ください。